船越伸二はテニスをしている夢を見ているらしい?

いかに遊ぶか!いかに真剣に遊ぶか!1人ならば、いかようにも!野球でもしなきゃあかんかなあ?って、テニスブログじゃん!おいおいおい!

間(ま)余白(よはく)

 

この言葉について、人間が生きていくうえにおいて、大事な言葉。

 

そして、それはテニスにも応用される。

 

遅れないように、遅れないように、と意識しすぎると、逆に、ためがなくなってしまう。

 

ボレーや、ストロークにおいてためをつくることは、とても大事である。

 

もちろんサーブにも、

 

そして、ためをいつなんどきでも、つくるためには、止まること、静止すること。

 

今目指しているのは、ピタッと一瞬静止する動作。

 

ラケットから遠すぎて、届かないとき以外は、間をとることが、何より大事に感じる。

 

自分が速いと感じた(あくまで感覚)ボールについては、打つべきタイミングが早すぎる傾向が多すぎる。

 

タイミングが速いのは、良いのだが、、、、

 

それは、1パターンになりつつあり、これ以上早くなるとコントロールできないというレベルにまで、早くしてしまうと、余剰(余白)がなくなってしまう。だから、早いなと感じたら、最近は意識的に深呼吸をしたり、あえて、ゆっくり動くようにしている。

 

現実的には、意識するというのは、大事だけども、現実に細かくどう修正するか、考えること、また対処法を自分なりに持っておくことが大事だと感じる。

 

意識してるだけで、変えれるなんて、よっぽど、精神をコントロールできる人だろうなあ・・・。