船越伸二はテニスをしている夢を見ているらしい?

いかに遊ぶか!いかに真剣に遊ぶか!1人ならば、いかようにも!野球でもしなきゃあかんかなあ?って、テニスブログじゃん!おいおいおい!

打ち方としての、大きなテイクバック。

昔から、コンパクト、コンパクトと言われてきた。

だからこそ、大きく振ることを意識する。大きく振るためには、しっかりテイクバックする。

つまり、体とラケットの距離を伸ばす。

フォアはある程度できているかもしれないが、バックは特に致命的だ。久しぶりに、片手バックも使ってみたが、やはり、テイクバックが小さいからこそ、振ろうとすると、あさっての方向にいってしまうのかも?

 

あくまて、可能性だ。

 

ほんとのことなんて誰にもわからないし、明日同じや打ち方をしても、難しい。

 

失敗をしない人間はいないが、その後どうするかが、1つの選択の分岐点だと思う。

 

ミスした後に、修正できるように。

 

そのための、練習だ!