船越伸二はテニスをしている夢を見ているらしい?

いかに遊ぶか!いかに真剣に遊ぶか!1人ならば、いかようにも!野球でもしなきゃあかんかなあ?って、テニスブログじゃん!おいおいおい!

バックボレーのミス

ほぼ、原因はわかっている。

わかっているかどうかわかっているわけではない。

わかっていないかもしれないし、わかっているかもしれない。

全てのミスをひとつの物理法則のもとに、決定することは難しい。

 

だけれども、もしテニスというゲーム出なかった時。

 

ラケットとボールを接触させることによる、球の動きを観察していくとすると、ただ、あるラケットの動きに対して、ある球の動きがあるだけである。

 

ということは?

ミスというのは、テニスというゲームのルールにおいて、決定されるものである。

 

しかし、ミスとは、ただ単にアウトやネットにボールをかけるのみならず、

どのくらいの回転をかけるか?

どのコースにコントロールするか?

どのくらいの深さにボールをコントロールするか?

ボールがコートに着地するまでの時間は?

 

バックボレーのミスについて

 

高めのボールに対して、下から上にそして、手首が返って、ラケットヘッドが下を向く。

その途中において、ボールをとらえて、ボールを叩くことができる。

 

だが?少しタイミングがずれると、近い支点(手首からの)おいては、少しの動作で、先端は大きくぶれる。

 

つまり、その場合、大きく動かすには、十分に引きつけて、ボールをとらえることだ。

スイングするボレーにおいて、テイクバックは必須である。というのも、スイングするときに、小さなテイクバックから、スイングしようとすると、必然的に、フォロースルー(打点後のラケットの動き)が、前になる。このときに、ラケットが先行してしまうと、こすった形でボールをヒットしてしまう。

 

この弱点を克服するために、

ひとつ。

打点でラケットを止める。

ふたつ。

ラケット面を地面に対して、垂直に。

みっつ。

テイクバックをしっかりとる。

 

むむむ。

 

まーそんな感じでわテキトーに!