船越伸二はテニスをしている夢を見ているらしい?

いかに遊ぶか!いかに真剣に遊ぶか!1人ならば、いかようにも!野球でもしなきゃあかんかなあ?って、テニスブログじゃん!おいおいおい!

具体的な行動対策計画。

バックハンドのレシーブ。

 

サイドアウト、ベースラインアウトが多い。

 

サイドアウト。内側に引きすぎの懸念。

 

たしかに、クラスに返すには、うちから外に出してくるのが良いように見える。

 

しかし、実際問題、結果から推測するに、かなり、ボールからの距離が遠く前のほうに打点があるために、うちから出しすぎると、外側に向けてスイングする形になっているらしい?

 

対策1

オープンスタンス。

 

バックハンドのオープンスタンスにより、スイング方向を、左から右へ持ってこれる。

必然的に、手前に引くことはできない。

 

しかし、そのためには、ボールに対して、より近くのポイントに入らなければならない?

 

対策2

 

テイクバックをなくす。

タイミングが合わなかったり、遅れたりするボールは、速いボールである可能性が高い。速いボールに対して、器用ではないバックハンドで、同じスイングスピードで打つことは、危険極まりない。

 

普段から、バックハンドのスイングスピードを落とす練習をする。

 

男性が力に頼る理由。

 

男性は力があるから。

だから、力、筋力をつけない選択肢をする。

 

筋肉は衰えても、技は衰えない。

 

少なくとも、コツコツと積み上げたものは、簡単には崩れないように?

 

技をつけた上で、筋肉をつけると、なおよし。

 

技の種類が、筋力的に可能な場合に限定されうるが、、、