船越伸二はテニスをしている夢を見ているらしい?

いかに遊ぶか!いかに真剣に遊ぶか!1人ならば、いかようにも!野球でもしなきゃあかんかなあ?って、テニスブログじゃん!おいおいおい!

ネットに近づくという動作をなんとなく行う問題について、さらなるストロークの安定性へ

シングルスについて。無意識に浅いサーブが来ると、強く打って前に出たくなる。結果、リターンが甘くて、パッシングされるパターンがある。アプローチが甘いと、かなりの確率でパッシングされるな。浅いサーブは確実に決めないと、逆に危険だ。後に戻るのも手ではあるが、それで良いのだろうか?

迷ったときは、とりあえず試してみる。浅いサーブが来て、リターンして、ベースラインまで戻る。結果をみてみる。

 

もう一つの解決策。もっと厳しいコースを狙う(いわゆるリターンエース)。上からぶっ叩く。できるか?やれるか?両方を試してみる。いずれも、ゆる~い浅いサーブが前提となる。速いサーブとはまた別である。

最近、バックハンドのレシーブの調子が良い。いや、そんなにすぐに技術があがるわけはない。ビックサーバーと対戦する機会が少ないのだろう。

 

もう一つ、さらなるストロークの安定性へ。もっとしっかり体をテイクバックする(フォアの場合は右にひねり、バックの場合は左にひねる)。ビデオを観せてもらうと、まだまだテイクバックがたりない。さらなるショットのパワーアップに向けて、余すところなく、やれることをやろう。