船越伸二はテニスをしている夢を見ているらしい?

いかに遊ぶか!いかに真剣に遊ぶか!1人ならば、いかようにも!野球でもしなきゃあかんかなあ?って、テニスブログじゃん!おいおいおい!

諸所雑記テニスのことども

自分をおさえるんだ。自分の位置を冷静に見つめろ。技術的問題ではない。状況判断。冷静さ。コースの選択。あらゆることが足りない。自分のボールをアウトと思い、反応が遅れる(甘さ。自ら勝手に判断する独断性。独りよがりなプレー)。やはり、まだまだだ。負けるとわかる。自分がいかに下手くそか? 弱気なロブ。中途半端なロブで相手にチャンスボールを与えてしまう癖。どんなボールもしっかり強く打つ(その代わりミスも増える)。あれか?これか? ミスか?決められるか? ロブのコースの問題。前衛にはやらない。相手のバックにボールをやる。リスク管理。成功したときのことばかり考えすぎない。ミスしたときに、どんなミスがあり得るか?成功から失敗へのリスク管理。弱いボールを打つと、ミスの確率は減るかもしれない。ただ、コントロールミスをすると前衛に叩かれる。決められる。 リスクの問題。

速いボールは、コースをミスしても、ある程度助かる場合がある。

なぜ?コースのコントロールにすぐれる球の遅いプレーヤーでなく、球の速いプレーヤーが上位をしめるのか?ゆるい球に潜むリスク。浅くなると、確実に叩かれる(つまり決められる)。100%は仮想上の数字である。人間は、コントロールミスをするものである。人間は、コースを間違えることがある。狙ったとおり、意図したとおりにプレーできているか?狙ったところにボールがいっているか?調子のパラメーター。軌道は?スピードは?回転は?なんとなく打つのではなく、戦略をもって、ボールをコントロールする。そして、仮想敵を想定する。準備。判断。経験。(にいたるスピード)。 体の動きによる理論。どういうスイングで、どういうボールを打てるか?どういう動きで、どういう現実が起こるか?相手のパターン。こちらのパターン。相性の問題。