船越伸二はテニスをしている夢を見ているらしい?

いかに遊ぶか!いかに真剣に遊ぶか!1人ならば、いかようにも!野球でもしなきゃあかんかなあ?って、テニスブログじゃん!おいおいおい!

リズムチェンジテニス

スイングスピードを変化させることによって、リズムを変奏させる。ゆっくり打つときスイングスピードを変えている。同じスイングスピードで、球足を遅くしたり、はやくしたりする技術はまだない。基本的なやり方はわかっている。スピン量を増やせば遅くなる。スピン量を増やすには?極端にいうと、後ろから前のスイングではなく(ベースラインからネットの向きではなく)地面から空へ。昔好きだったアニメにロミオの青い空があって、そのオープニング曲が、「空へ」だった。僕は後ろから前のスイングはある程度できているので(もちろんまだまだ改善するところは小さくないのであるが)、合言葉ら、まさに音楽そのもののように、空へ!!スピン量でボールスピードを遅らせる。スイングスピードではなく、スイング軌道の変化による球速の変化を実現したい。そうなってくると、テイクバックも問題になってくる。下から上を意識しすぎて、テイクバックを低く持って行ったならば、相手にスピンボールとわかってしまう。そのためのプロのサーキュラーテイクバックである。1度上に持ってくることによって、スライス、ドロップが可能となり、中間付近で留めれば、フラット系が打て、なおかつ下まで落とせばスピンが打てる。この微小なタイミング差。スイングとボールの原理を知ることによって予測が可能となる。タイミングを遅らせてのストレート。僕の持ち球の1つ。ただ、遅らせた中で、ストレートしか打てないとなると、相手に読まれてしまう。遅らせた中で、面を作り、クロスにも返せるようにすべし。 私はあまり足を使わない。足を使って、いつも理想の打点にはいれば、ミスは減るかもしれない。ただ、それでは、リズムが単調になる。だから僕はいろんな打点で、いろんなボールを打てることを目指している。思えば、僕のテニスは自分本位のテニスではなく、いかに相手に力を出させないか、にも力点が置かれているようだな。