船越伸二はテニスをしている夢を見ているらしい?

いかに遊ぶか!いかに真剣に遊ぶか!1人ならば、いかようにも!野球でもしなきゃあかんかなあ?って、テニスブログじゃん!おいおいおい!

スクール((ストローク))を習いて ゆるい球への対応 オールラウンダーを目指す

イーストテニススクールで大越コーチに習ってきた。

今日のテーマはストロークだったようだ。(週ごとにテーマが決められている(ただしフナシンはあまり読んでいない(オイ

コーチはフォアを重点的にいつも見てくれる。私も特にバックハンドをみてくださいと言わないので、自然とフォアが多くなる。

バックもできなくてはいけないが、フォアとバックどっちがよく使うか?と言われれば、やっぱりフォアなんだろう。

そういう意味もこめて、コーチはフォアハンドをみてくれる。

やっぱり前へ押し出すようなスイングができてないらしい。コーチのアドバイスで、腕の位置を少し上げてみた。

そういえば、腕を肩くらいに上げて打つ人をテニスオフで見たことはあるな。かなり上手い人だったが……。

今日そういえば、気づいたのだが、ゆるい球と速い球どっちが苦手なんだろう??という疑問がある。

ちょうどいいくらいの速さ回転、であれば、打ちやすい球といえるのか?

ゆるい球は当然速い球を打つには強い力をかけなければいけない。一方、相手の球が速い時、あわせるだけで速い球がかえってくる。

私は球が速いほうなので、当然相手のボールも速めに返ってくる。必然的に準備時間が短くなる。打ってからの動きが大事になってくる。

そうだ!!この前に試合で、課題が見つかったのだ!!

ゆるいボールにどう対応するか?だ。

つまり、私はあまりいない(この意味は球が速くスピンがかかっている)球よりも、ゆるい球をしっかりミスなく打てるように(または決められるように)練習するべきだ。少なくとも今の試合では、ゆるい球をいかに返すか?だ。それはいかに決めるか?とも直結しているのだが、短い浅いボールもミスして相手にポイントがいくことが、何度会ったことか!!

もっと速い球を打ちあえるよりも、やるべきことは?そうゆるい球を確実に決めること。甘い球を確実に決めること。

シングルスだとそういうゆる~い球ばかり打ってくる相手には、アプローチから前に出れば、ある程度ポイントはとれるのだけれど、ダブルスの場合、どうするべきか?ロブをあげられたら、どうするか?

そこでスマッシュの不安が出てくる。

ゆるい球にどう返すか?ゆるい球をゆるい球で返す技術。それは、技だ。そして、宣言でもある。

私はゆるい球合戦でもあなたに負けませんよ!!という自信なのだ。

速いボールを打とうとすると、どうしてもミスが増える。それをどう我慢できるか?だ。

昔のつなぐテニスを思い出してみようか?夏の長丁場で体力がもつか?

ただ、この戦術は私のプレースタイルを広げるのに役立つだろう。

私が目指すのは、究極のオールラウンダーなのだ。それを人はスキのないテニスという。つまり、弱点のないテニス。

ボレーよし。フォアよし。バックよし。スマッシュよし。スライスよし。トップスピンよし。サーブよし。攻めよし。守りよし。

とにかく全体的にプレーのレベルをあげていこう。

私はプレーに好き嫌いがないので、何でもやりますよ!!