船越伸二はテニスをしている夢を見ているらしい?

いかに遊ぶか!いかに真剣に遊ぶか!1人ならば、いかようにも!野球でもしなきゃあかんかなあ?って、テニスブログじゃん!おいおいおい!

テニススクールにて(コーチに打ち勝つ!!まぐれ

今日はスクール!!

週の1度の楽しいスクールです。スクールはレベルが高いです・・・特にコーチがいると、やっぱり簡単にはいきません。

今日はスライスロブをテーマに練習。

その前にストロークをコーチに見てもらいました。ストロークは、引いて打つ技を習いました。何でもかんでもぶつかっていってると、ミスが増えるばかりです。たまには、引いて、しのぎながら組み立てていくのも大事です。

しのいで、しのいで、チャンスをじっと待つ。そんなプレイスタイルも味がありますよね。

そして、スライスロブ、上手くいったような、いってないような。深いボールは打てたんだけど、アウトか、インか、よくわかりませんでした。普通、相手の反応とか、コールでわかるんですが、練習だとしない場合もありますよね。いちいち確認するのも何ですし、少し悩みです。

もちろん、アウトのボールをアウトってはっきり言われて、気分を悪くする方もいるかもしれないですが・・・。

そうなんです。テニスはある意味人間関係の修行でもあるのです。

相手の心を読み、人の嫌がるところ、苦手なところをやる。これって、スポーツの鉄則ですけど、何か嫌な感じですよね笑。

でも、これってさ、相手の得意なところを狙うって手もあるてことですよね?

初級者とプロはまったく試合ができないか?そうかもしれない。でも、初級者の得意な形にもっていけば?

自分のことだけを考えるのではなく、相手の力を引き出すのも、試合とは別の面白さ。

上手い人とやれば上手くなる?

僕はそうは思ってない。【上手い人とやれば、自分の未熟さを知る】は、あたっていると思う。

たとえば、プロで、遅いボールを打てないプレーヤーが勝ち上がっていけるだろうか?

無理ですね。

そして、プロの試合でも、遅いボールはありますね。そこを確実に決めるのがプロですが・・・・・・。

遅いボールも速いボールもタイミングの問題なんだ。ようは形が大事なのです!!

 

そうそう。本題に入りましょう。

コーチとストロークして、まぐれでも、打ち勝った。いつもは2球くらいしか続かないのに、今日は4球くらいつづいたよう。

なんとなく成長を実感。しかも、それが、バックサイドだったのが、嬉しい。バックも使いながらの打ち勝ち。

ただ、今日コーチは調子悪かったみたいだな。まぁ、どんな上手い人でもミスはあるってことだ。それが、テニス!!!!!!

 

あ!!それと、スライスロブだけど、地面と平行なスイングで、コンチネンタルグリップで、押し出すように打つ!!これが、コーチのアドバイス