船越伸二はテニスをしている夢を見ているらしい?

いかに遊ぶか!いかに真剣に遊ぶか!1人ならば、いかようにも!野球でもしなきゃあかんかなあ?って、テニスブログじゃん!おいおいおい!

スクール最終週にて

昨日はスクールに行ってきた。2ヶ月1期の最終週だったので、試合メインだった。あと、コーチのアドバイスタイムがあった。 通常の1対1メニューではボレーを習った。やはり、バックボレーの練習。左手をしっかり使うように言われた。離すのが早すぎるらしい。あとラケットを手首で押してしまう癖を指摘された。それだと強いボールはいっても、安定しない。 結局、手首だけですべてをコントロールするのは、難しいという意味だろうか?テコの原理に従えば、当然、体全体で打ったほうが、強いボールがいく。 私のやり方は、遅いボールに対しては、いいかもしれないが、(コーチはそれでもボレーはそういうもんじゃないと言うかもしれない)速いボールに対しては、間に合わないだろうとのことだ。確かに、速いボールに対して、手首の動きで淡そうとすると、ちょっとのブレで大きく打つ方向が変わってしまう。それに、打つときは、必ず安定させるためには、少し止めるくらいのほうがいいのかな? 速いボールに対しては、それが一番正解のようには、思う。ただ、面の向きを間違えると、アウトしてしまうし、低いボールにどう対応するか?が問題だ。相手のボールが低いと当然、ネットを越えるために、上向きに打つことになる。けれど、相手のボールの勢いが強い場合、面をあてるだけだと、アウトしてしまう可能性が高い。むしろ相手のボールの勢いを殺しながら打つ必要が出てくる。 なるほど、こうしてみると、僕の押して打つやり方は、低いボールをボレーするときには、通じないことがわかる。もちろん、ボレーにもいろいろあって、決めるボレー、つなぐボレー、浮かせるロブボレー、いろいろあるだろうが、とっさに判断できるか、どうかも問われている。 あと僕のフラット系のフォアハンドについてもコーチの意見を聞いてみた。やはり、確率は悪くなるだろうということだった。要するに、アウトやネットが多くなる。それは、重々承知している。経験からわかる。だから、チャンスボールでもないかぎり、使わないほうが良いとも言っていた。私は、どちらのボールも打てるようになりたいと思っているし、これからもフラット系は磨くつもりだけども、さらにフラット系を安定させるためには、微妙なスイング角度が求められる。その感覚をつかむべく、練習だ。

それと、バックハンドイースタンのフォアハンドについて聞いてみた。低いボールを打ちにくいし、持ち上げるのに、力がいるので、やめたほうがいいらしい。 コーチはすごいうまいし、尊敬できる人格者でもある。それにテニス経験が僕よりもずっと長い。でも、老人の言う人生観が決して正しいと限らないように、コーチの言うことを、絶対視しない。私にとって上手くなるとは?前も書いたように、テニスを研究することなのだ。