船越伸二はテニスをしている夢を見ているらしい?

いかに遊ぶか!いかに真剣に遊ぶか!1人ならば、いかようにも!野球でもしなきゃあかんかなあ?って、テニスブログじゃん!おいおいおい!

テニスの基本

テニスはみなさんも知ってのとおり難しいスポーツだ。

といったら、他のスポーツをしてる方に怒られるかもしれないが、まあ、テニスしかしたことのないスポーツマンの戯言とお許し願いたい。

ネットからの距離に応じて、スイング軌道を変えなければいけない。

第一にまずネットをこえること。そいて、第二にアウトしないこと。

この二つがテニスをするうえで、大事な要素となる。

ネットをこえなければ、どんなに良いショットを打っても意味がない。

そして、アウトしてしまえば、ポイントがとれない。(厳密にいうと相手がアウトと判断できずにノーバウンド<ボールが落ちる前に>で打つ場合もある)

まず一番悪いのがネットすること。相手がとってくれる可能性は万に一つもない。こっちのコートにはダブルスでも味方しかいない。味方が私が打ったボールを打つことはできない。かならず、相手が打ってからでないと。

そして、相手はネットを越えて、こちらに移動することはできない。つまり、ネットする以上、相手は何も負担がなく、ポイントをとれることになる。

そして、ネットをこえるようになった初心者がぶつかる第二の壁。アウトしてしまう。

このアウトというのは、もちろん上級者でもありがちだ。

特に深いボールを狙ううえで、アウトとポイントゲットは表裏一体となる。

深くて、相手が打ちにくいボールを打てていれば、ポイントを得る可能性は高まる。

だが、その分、わずかでも、面の角度、または、スイングが間違えば、アウトとなり、ポイントを失ってしまう。

草トーナメントならいざ知らず、プロのトーナメントにおいては、浅いボールが来て、攻撃できなければ、どうう事態になるか?

たいてい、ボレーもできない、ストロークするにも浅すぎる位置にいることになる。そこから、前に出るか、後に戻るか?

2択がある。

後に戻りたいところだが、人間は後向きに走るSPEEDは遅い。それに、浅いボールで、攻撃するということは、それなりに速いボールなのだろう。すると?返ってくる時間も短くなる。

前に出るか、後に下がるか。難しい問題。

ボレーが得意な人や、攻撃力のある人は前に出るかもしれない。

反対に、ボレーが苦手だったり、決めるボールが得意でない人は後にいるかもしれない。

浅いボールでも、あえて、決めにいかずに粘るという選択肢もある。

完璧にデフェンシブな戦いかただ。そして、ひたすら相手のミスを待つ。

ただ、この戦法が何故プロで少ないか?

この厳しいプロツアーにおいて、連戦はあたり前だ。

その中で、長い時間、長いラリーに耐えられる体力はあるか?

そして、相手に攻撃されないほどの精度があるか?

みんなそれぞれテニスにたいする考え方がある。

どんなプレーヤーを目指すか?

女性だとつなぐプレーヤーもいる。男性だってもちろんいる。

そして、超攻撃的なプレーヤーもいる。

バランスタイプもいる。

守り、走力にたけたプレーヤーもいる。

ドロップショットがうまいプレーヤーもいる。

深いストロークが上手いプレーヤーもいる。

でも??一つが上手いだけじゃ、容易に対抗策が見つかってしまうのが、戦術であり、テニスだ。

つなぐプレーヤーは、配球または攻撃力に勝る相手に要注意。

超攻撃的なプレーヤーは、リズムの変化に要注意。

バランスタイプは、メンタル戦に要注意。

守り、走力に長けたプレーヤーは、ミスに要注意。

ドロップショットが上手いプレーヤーは深いボールも打てないと、ポジションを前にとられる。

深いストロークが上手いプレーヤーは、ベースラインより後にたたれると、難しい戦いになる。

まあ、これは一例だ。つなぐプレーヤー、攻撃的なプレーヤーなどはイマイチ具体性がない。

決まるパターン、決まらないパターンあるものだ。

どんなプレーヤーにも苦手なパターンはある。

というより、いかに相手のリズムを崩すか・・・。それにつきる。

相手に本来のプレーをさせないのが大事だ。

そのために、自分も本来のプレーができないのは、問題だが・・・。

私の目指すテニス象。

『あらゆる戦術、技術を高度に身につけたプレーヤー』

私は、勝つことが究極の目標ではない。

私は、テニスで遊ぶことが目的だ。

遊ぶというと、いい加減というイメージもあるが・・・

私は遊びこそ真剣になるタイプなんです。

メンタルの波、やる気、モチベーション。

人生にはいろいろある。もちろん、試合の流れもいろいろある。体の調子も変化する。

それらを克服する真のテニスプレーヤーになるために。私は、テニスをする。