船越伸二はテニスをしている夢を見ているらしい?

いかに遊ぶか!いかに真剣に遊ぶか!1人ならば、いかようにも!野球でもしなきゃあかんかなあ?って、テニスブログじゃん!おいおいおい!

昨日のスクール

先に下半身を動かしてから上半身!!

ということを言われた。

腕だけで、打とうとすることが多いのは、わかる。それは、ある意味では、追いこまれたときに、良いカウンターとなるのだが、一方で万全あるいは余裕のあるときには、伸びのない球となる。

私の理想は『体全体』あらゆるもの(体以外もふくめて、世界のすべて)を使って、打つショットだ。

昔、ハッピーというテニス漫画で、ネットに少しだけかすらせて、相手のタイミングを狂わすショットを主人公が打っていたが・・・・・・。

あれは、いわばドロップショットと同じではないか?

「おおおお、すごい」みたいな反応だったが、実際問題、そのレベルの精度を保つのは、テニスの本質上難しいように思う。

テニスをダーツのように真ん中に打つことは、(ダーツの的レベルでは)不可能に近い。

あるボールを必ず、ある地点に打てるとしても、、、だ!!

同じボールしか打てなければ、相手に読まれてしまう。

相手が来ないと思っているボールは、決まりやすい。一方、私のほうもあまり使っていないボールだとミスの確率も高まる。

これが、いわゆるテニスでいう「攻め」であり、自分が一番返せるギリギリのボールを打つのを逆に「守り」という。

ドロップショットと深いストローク。ドロップボレーと深いボレー。低いボールと高いボール。

これらの二項対立を混ぜ合わせる。これが、配球だ。

私のコーチは、しっかりセオリーどおり、やるのが一番だという。

確かに、一理ある。ただし、こっちがミスをしないという条件では・・・・・・。

弱者には弱者の戦い方があり、強者には強者の戦い方がある。

この場合、強弱は微妙な問題で、速いボールを打つ選手が勝つなんてわからないし、ボレーの上手い人が勝つなんてのもわからない。

今日少しサーブをつかんだ気がする。今までよりも伸びのあるサーブを目指す。

感覚的な問題で、自分で打った球を自分で評価するのは難しい。

自分を自分で評価するのも難しいのと同じだ。

ただ、相手の反応で、効いているか、効いていないか、が知れる。

もう少しスピン系のボールを練習したいな。

さらなるスピンだ!!今度コーチに相談しよう。

あとレシーブも苦手だな。今日だけで、何本レシーブをミスしたことか。

もっと確率を上げていかなければ!!

さあ!!明日も頑張るぞ!!

 

 

 

 

スピンをかけるには、回転の問題。

下から上に真上にラケットを振り上げると、どうなるか?

前下から後上へ振り上げるとどうなるか?

試行錯誤の連続。スイングスピードも問題となる。

それと相手ボールのスピード、回転。どういうボールがどういうふうに打ったら、どう返るか?

この問題は、数学の方程式のようで、わくわくする。

未だ、未解決の問題を解く孤独な数学者の気分か?

くだらない。私は、ただ自分のテニスをもっともっと理想に近づけるのだ。

ガットの問題、ラケットの問題。ラケットヘッドの使い方。スイング軌道。ボレー、スマッシュ。体の向き。角度。

考えることは、盛りだくさんだ。

私はもしテニスの面白さは何か??と聞かれれば、答える。

「千変万化するボールに対する挑戦」