船越伸二はテニスをしている夢を見ているらしい?

いかに遊ぶか!いかに真剣に遊ぶか!1人ならば、いかようにも!野球でもしなきゃあかんかなあ?って、テニスブログじゃん!おいおいおい!

いよいよ明日試合

今日ハッと思いついた。ひたすらロブをあげまくるプレースタイルはどうか?明日試すにはリスクが高すぎるか?1ゲーム限定で試してみよう。ようは、私が楽しいかどうか?だ。私がプレーしていて楽しければ、そのプレースタイルは正道となる。一方、楽しくなければ、邪道となる。もちろん、気分によって正邪は変わってくるものだ。それが人間だからこそ、いろんなプレースタイルを試合の中で試してみなければいけない。コーチは、あんまりいろいろやりすぎないほうがいいですよ、とは言っていた。でも、私は”いろいろやってみたい”とにかく新しいことに是が非でも挑戦したいのだ。この旺盛な探求心、研究心がいつか花開くと信じる。私が花開かなくても、その経験は絶対に他の人にも生きるはずだ。このブログの読者が、私の経験をもとにさらに発展させていってくれれば、もう言うことはない(最高だ!!)。 明日のゲームプラン。 1ゲーム目、両手打ちストローク、ボレーで安定感のあるプレーを目指す。レシーブはもちろんブロックレシーブ。深くゆるく返す。

2ゲーム目。あ!!1ゲーム目、レシーブの前提で話を進めていたね。じゃあ、とりあえず2ゲーム目はサーブでいこうか。2ゲーム目は、いろんなコースに打ってみて、相手の出方をみる。得意なコース、苦手なコースを見きわめる。サーブはファーストもセカンドも確実に入れていくスタイルで。まず相手に打たせないことには、分析もできない。

3ゲーム目。レシーブ。そろそろサーブにも慣れてきたところで、強くレシーブ。ただし、コーナーは狙わずにセンターに返す。そうすれば、コースがずれても、アウトにはならない。ただし、オーバーアウトに注意。低い打点のときは、十分にスピンをかけて。高い打点のときも、スピンをかけて、安定感をもって入れる。

4ゲーム目サーブ。ファーストサーブをエースを狙っていく。ただし、セカンドサービスは、確実に入れる。スライス、またはエセスピンサーブ。そして、出ました!!ロブ作戦。とにかく高いボールを相手に返す。なるべく深くコントロールする。相手が打ちこんできても、とにかくつなぐ。相手が前に出てきたときは、ボレーをとにかく打たせる。ただし、決められないように、なるべく低めに集める。ただ、ネットするようなら、高めでもOK。それで、決められるようだったら、ロブを徹底する。

5ゲーム目。レシーブ&ダッシュ。フェデラーのSABARだ!!とにかくレシーブを返して、前にでる。パッシングやロブで上を抜かれるようなら、レシーブで、もうちょっとプレッシャーをかけれるように。強く打とうとして、レシーブミスするとき、あえて短いボールを返す。相手が前に出てきたところで勝負。こちらも前に出たりしてみる(もう無茶苦茶な戦法です笑)。シングルスでボレー対ボレーも面白いかもね。

まあ、こんな感じに、どんなプレーをするか前もって考えて、やってみる。後半は、すべての要素を臨機応変に組み合わせる。そして、相手からゲームが奪えたパターンを続ける。その結果勝てれば良し。負けても、貴重な経験になる。 一番やってはいけないこと。 「なんとなくプレーして、なにやらわからないうちに負けた」最悪です。「しっかり考えて、頭を使ってやる」ただし、そして、大事なのが、試合の中での修正力。

このプレーの調子はイマイチ。それなら、調子が上向くまで、しばらく使わない戦略で。もしくは、あえて、使って、無理やり上向かせる。(上向くかどうかの実験にもなる) さあ!!いよいよ試合だ。何とか雨ももちそうで、良かった。いくぞおおー!!