船越伸二はテニスをしている夢を見ているらしい?

いかに遊ぶか!いかに真剣に遊ぶか!1人ならば、いかようにも!野球でもしなきゃあかんかなあ?って、テニスブログじゃん!おいおいおい!

船越は何故前で打てないのか?

 こんばんは。船越です。

 昨日撮った動画を見ていて気づいたことがあります。

 打ってるポイントかなり後ろだ!!

 前で前で打っているつもりが全然足りてなかった事実。少しは良くなっていると感じていた私が甘かったです。ミスすると初めて振り遅れたかな?と思う程度でした。

 もっと大胆に変えなければ!!

 何かを変えようとするとき、少しずつ変わっていくものですよね?

 ただ、今回、変えようとして、まったく変わっていなかった事実に驚きました。

 意識するべきは【かなり変えないといけない】です。

 「ギリギリまでひきつけるので、コースが読みにくい」と言われた経験があります。

 そこで、気づくべきでした。私はかなり打点がウシロだったのです。

 もちろんストレートを狙うときなどは、ギリギリまでひきつける駆け引きをしたりします。ただ、そのときスピンは自然にかからないでしょう。フラット気味の球が、飛んでいくはずです。高い打点で打てるボールは、フラット気味でも百歩譲って良いとしましょう。でも、低いボールはどうするんですか?

 コートに入れるには、フラット系になってしまうと、力加減するか?あるいはネットすれすれを通す方法しかありません。これでは、確率が悪いです。それに力加減するとゆるいボールがいくので、相手前衛をパッシングするのは、かなり難しいでしょう。

 逆にいうと、フラット系の人が低いボールをストロークするさい、ストレートの速いボールはほぼ注意しなくていいでしょう。無理して打ってくれればアウトしたり、ネットしたりします。

 明日は、河川敷で打ち初めです。

 前で打ち過ぎて失敗するぐらいから、まずはじめないといけません。

 明日は練習できる状況、大事なポイントをわけて、プレーしようと思います。練習がないので、試合の中で、いろいろ試さなければいけません。

 前