船越伸二はテニスをしている夢を見ているらしい?

いかに遊ぶか!いかに真剣に遊ぶか!1人ならば、いかようにも!野球でもしなきゃあかんかなあ?って、テニスブログじゃん!おいおいおい!

世界のすべてはからみあうツタのように

テニスをするということは、生きているということ。 歩くことが、なんでもないと思えば、あることは何でもなくなる。 わたしはわたしのことを誰に聞くべきか? 私自身に聞くしかない。 私は私から逃れられないならば、 私が私を好きでなければ、かなり辛いこ…

体重移動の真の意味。

体重移動で、最も気をつけるポイント。 上体のみを体重移動しないこと。 下半身からまず流れていって、上半身は、基本的に打つ動作(回転動作)に集中する。 軸がぶれるとコントロール性が落ちる。 そのためには? スタンス。 右足と左足の間隔をあるていどと…

具体的な行動対策計画。

バックハンドのレシーブ。 サイドアウト、ベースラインアウトが多い。 サイドアウト。内側に引きすぎの懸念。 たしかに、クラスに返すには、うちから外に出してくるのが良いように見える。 しかし、実際問題、結果から推測するに、かなり、ボールからの距離…

意識そのもので、プレーが変わるのは、ごく一部の人なのだろうな?

ほとんどの人は、僕も含めて、自分の体が、どのように動いているのか、どのくらい分かっているのだろうか? 自分の打ち方を動画で撮って、幻滅した経験は誰にでもあるだろう。 ということは、自分の頭の中でイメージしたとおりに、体は動いていないのだ。 で…

弱点のバックについて

どうしても、後ろから前に直線的にフラットにふってしまう。下から上にふりあげる。こする。それを意識するべし! フラット(ボールの後ろから、まっすぐ打ちたい方向にコントロールする) 面をまっすぐボールに対して、うつ??

やはり生き残るのは、変化に強いプレーヤーなのか?

様々なプレーヤー、様々な状況、様々な性格、様々なラケット、様々なサーフェス。 一体、今来ているボールの回転量は? 軌道は? 物事には原因があるはずであり、現象には時間軸がある。 時間の正の流れ。負の流れ。 何物も、単独では"ありえない" ただ、私…

テニスというゲームは?

テニスのゲームを考えるとき、勝つことに対して、貪欲になれない自分がいる。 なにがなんでも、勝つという、気持ちがない。 おいこまれないと、集中できない。 大事なポイントで、ミスが出る。 自分の中で、どんどんテニスが下手になっている気がする。 具体…

結局のところ、成績を残さなければ、どんなぢしいことを言っても、説得力がない

つまり、しのごの言ってきたが??気づいた。 ようするに、いくら良い思いつきをしたとしても、それを実現させなければ、絵空事と同じである。 私は私の思想を自らの行動によって体現するしかない。 つまり、成績を残さなければ、説得力などない。 他の人か…

徒然なるままに日暮コートにむかいて

一番大事なのはタイミング? タイミングを合わせること。 そしたら、狙った方向に飛んでいく? ただ、同じ打ち方で、同じタイミングで打つとタイミングを読む相手には、コースがバレる。 なので、打つ打点、打ち方を変える。 タイミングを外す。同じ打ち方で…

大阪市ミックスダブルス初級にて

大阪市ミックスダブルス大会初級の試合。 7月22日日曜日、私はミックスダブルスの試合に出場。場所は鶴見緑地公園のテニスコート。 集合時間が12時半。 知っての通りの猛暑。 倒れないかどうか心配だった。 初戦は、年配のペアさん。 スピードはないけども、…

勝ちたいから、勝つのではなく、すでに勝っているのだ。

勝ちたいから、勝つのではない。 勝つと思った瞬間に、すでに試合は終わっている。 勝つとは何か? 世界には時間があり、一方向に向かって進んでいると信じられている。 ゲームの進行とは、時間の進行である。 時間とは、集約すると、タイミング。 同じこと…

自分の感覚を信じる。考えすぎない。

考えすぎずに、理性を使いすぎずに、ただ感じる。そのために、気持ちをフラットにする。やってみて、結果を観察。感じる。すべて自然体で、心から。

最近考えにいること

やはり打点は前か?上か?体から離すか?近づけるか? 初心者において、打点が遅れるというのは、ありえるかもしれないが、それなりにテニスをやっている人にとって、むしろ、タイミングが早すぎることによって、ミスが生まれる? 特に、男性において、速い…

大阪市テニス大会B級を振り返って

パートナーに助けられた1日だった。 結果は一番良いものだったけれども、勝っても、いろいろと悔いの残る1日でもあった。もう少し力の使い方や、戦術に工夫が必要だな、と思ったし、また課題として、失点すると、流れにのってしまう癖がある。イケイケの時は…

基本的に前で打てば体重移動を使える?

体重移動。重さをぶつける。体の重さ。ラケットの重さ。軽いラケットであればあるほど、体重移動でスムーズに前へ。前で打ちすぎるとスピンがかけれない? いやいや、前で打ちつつ、スピンがかけれるように、目指す!常に改善! トヨタ式?

余裕のない船越

伊丹市会長杯に誘われて出場! 2回戦からで、4回戦で負けました、、、 2回戦6-4 3回戦6-2 4回戦3-6 4回戦は僕のサーブがブレイクされて、負けた、、、 もっとサーブゲームを確実にキープできるのように、同時に、ただ返すだけでは通用しない悲しさ。 ただ返…

打つタイミングと打つ方向の関係

上は右利きのフォアハンドの場合。 標準的なラケット軌道。 1番上の前の打点で打つと、クロスに飛び。 真ん中の打点で打つとストレートに飛び。 1番下の打点で打つと、逆クロスに飛ぶ。 つまり? 相手がボールを打つ時、相手の体の右側だったとき、クロスが1…

苦手な球が見えてきた!

フラット系の伸びてくる球が苦手。 特に、そういうボールで、深い球はかなりの確率でミスをする。 ブロックレシーブをもっと徹底させたい。 ワウリンカのように、徹底するとは? 完全なるブロック。腕の力、手首の動きを使わない。 さらに今日気づいたこと。…

柴島テニスのシングルスチャレンジマッチに参加した!

おお!まじか!6面くらい今日は使ってたんやないかなあ? こんなに使わせてくれるんやー! 6ゲームの試合ができたし、、、 最高やん! いつもは4ゲームとか、、、 結果は 4-6 6-5 6-4 6-1 6-0 ダブルスの練習も兼ねて、今日はクロスにリターン返すことを心が…

3戦全敗!無念!

昨日はミックスダブルスの団体戦に出た! 結果は3戦3敗。 2ゲームとるのが、やっとでした! 課題として見えてきたのは、リターンの良い、悪い。 まず、リターンミスが多過ぎた、、、 パートナーには申し訳ないー もうちょっとリターンを確実に返せるように、…

手が出て、ラケットが出るか?またはラケットの先が出てから、手が出るか?

僕は意識せずにやっていたラケットのスイングにおいて、なぜサイドスピンがかかるのか?少しわかった気がする。単純にボールの外側を削っているのもあるだろうが、打つときに、ラケットの先端(ラケットヘッド)が、かなり腕よりも前に来ているのだ。 だから、…

限界についての試論

限界を超えるには? 限界を知ることが大事だ。 限界を知るには?限界を超えたサインが出るまでやる。例えば、体調を崩す、怪我をするなど。 だが、大事なのは、あまり急激にやりすぎないこと、少しずつ挑戦する。 その時間的速度は、人生の長さに比例する?…

大事なのは認識すること

なるほど、私は経験上、どういう打ち方をしたボールがどのような回転、軌道で進むかを予測して、ある程度(あくまである程度)より打ちやすい位置に移動する。そして、打つ。テニス歴は10年ほどであるが、球技歴はもっと長いのが、関係しているのかもしれない…

速いボールを速く返すことよりも、速いボールを遅く返す技術の習得を目指して

ものすごいボールを力強く速いボールで返す。スピード狂。単なる自己満足。大事なのはコントロール。速いボールを遅く返す技術。 エネルギーの吸収。ラケットで力を吸収する。回転エネルギー(スピンなど)に変えるのではなく、勢をころす。消し去る。そのため…

身体と精神の関係。すなわち魂としての人間体

スポーツで欠かせないのが、メンタルである。ここぞというときに、最高のプレーができるように!ただ、最高のプレーが無理をして、ミスにつながるといかん。相手の予測を外す、単調にならない、変化をつける。これが、私のテニスの哲学であるが??速いボー…

コントロール性

面の角度の検証。コントロール性が悪い私のテニス。なぜか? ボールの打点での面の向き。 基本的にボールは面のガットが向いている方向に飛んで行く。 ただ、ふたつ考えるべきポイント。 角度のついたボール、あるいは打球方向とは違う角度に打つボール。 相…

勝ったということは負けたということである。

勝つ。満足する。終わりではない。 私のテニスは対戦するテニスプレーヤーとは関係がない。私自身を高めるためにのみ私はテニスをしている。勝ったということは、自分に負けたことである。勝ちを目指して、挑戦をしなかったのだ。恐るべき、可能性。 武とは…

脱力は、ある一定の成果を出しつつあるのか?

脱力の基本原則。 1部位的問題。 指には力を入れて、腕に入れないなど。 これを極限まで推し進めると、1点の支点を軸に究極の脱力スイングが可能となる。 つまり、ラケットを握る指をミリ単位で握っているか握っていないか、の感覚。 2力の増減。 瞬間的に力…

今日は久しぶりにイーストテニススクールの埒コーチに教えを請いに行きました!

昔、コーチが変わるというので、辞めたイーストテニススクール。今何だかんだ行きやすいので、フリーチケット5回分購入したのが水曜日だったろうか? 今日は仕事も夜勤明けで、昼から予定なしだったのだが、かなり眠くて、ウトウトしていた。結局、お昼の13…

跳ねて上にのぼるボールと最高点から落ちてくるボールをどう打つか?

私は私の特徴を理解している。ボールの上がりっぱなを打つことが多い。テンポが早い。落ちてくるボールを打つよりは、深いボールの時に足を使わなくても良い。ライジングボールを打つコツ。ボールが上に上がってくるので、前の打点で打とうとすると、かなり…